相続税の税額控除の順位その2

相続税には7つの税額控除制度があり、それぞれの適用順位は決まっています。前回はその1として、上位2つの相続税の税額控除として「贈与税額控除」と「配偶者の税額軽減」を見てきましたが、今回はこれらに続く2つの制度「未成年者控除」と「障害者控除」について見ていきます。未成年者控除とはその名の通り未成年者であれば適用を受けられる制度です。20歳未満であるかどうかの判定は故人が亡くなった日において行われることになります。なお、未成年者であれば誰でも適用を受けられるというわけではなく、故人の法定相続人(放棄がなかったものとした場合に相続人に当たる者)である場合に限り適用を受けられることになっています。


医療 翻訳

ダクト清掃

【東京】社会人サークル 飲み会

豆腐製造関連の機械をご紹介します!

結婚相談 大阪

ページ一覧

  • TOP
  • 相続税は10ヶ月以内に現金で一括納税が基本です
  • 上手く節税すれば相続税を大きく減らせます
  • 相続税の非課税財産について
  • 相続税は自己申告制である